MENU

閉じる

閉じる


トップ > くらしの便利帳 > 保険・年金・福祉 > 介護保険 > 制度について

制度について

更新情報

40歳以上の人が被保険者(加入者)となって保険料を納め、介護が必要であると認定されると介護サービスを利用することができます。加入のための手続きは必要ありません。

加入者

第1号被保険者

65歳以上の人
65歳以上の人には、被保険者証(介護保険の保険証)が発行されます。

第2号被保険者

40~64歳の医療保険加入者

介護が必要になったら

以下の流れで、要介護認定、要支援認定を受けます。

ステップ1 ~申請~

介護が必要となったら、村の相談・受付窓口で「要介護・要支援認定」の申請をします。 ただし、40~65歳未満の方は、特定疾病(国の定めた16の病気)が原因で介護が必要となった場合に限ります。(申請の手続きは、本人のほか家族やケアマネジャーでもできます。)

ステップ2 ~訪問調査~

心身の状態などをみてもらうために、認定調査員から聞き取り調査を受けます。

ステップ3 ~審査~

「コンピュータによる判定」や「主治医の意見書」・「訪問調査による特記事項」などをもとに、どれくらいの介護が必要かを「介護認定審査会」で審査します。

ステップ4 ~認定~

介護が必要な度合い(要介護度)や保険で認められる月々の利用限度額 などが決まり、本人に通知されます。

ステップ5 ~サービスの選択とプラン~

認定を受けたら、本人や家族で相談して介護サービスを選び、より自分にあったサービスを利用するために「ケアプラン」を作成します。

ステップ6 ~利用~

ケアプランにもとづいてサービスを利用します。利用料としてかかった費用の1割を支払います。

要介護・要支援認定の更新変更手続き

要介護認定・要支援認定には、有効期間があります。引き続きサービスを利用したい場合には、更新の申請をします。また、認定の有効期間内でも著しく心身の状況が変化した場合は、認定の見直しを申請できます。

お問い合わせ

三宅村役場臨時庁舎 福祉健康課 福祉係
〒100-1212 東京都三宅島三宅村阿古497
TEL:04994-5-0902